信州の花(紅葉)だより
サクラソウ、薄紫の世界一面に 佐久の庭園一般開放
2019/05/15 11:42
佐久 サクラソウ

 佐久市内山の広大な個人所有庭園「夢想庭園こもれび」で、1万株以上のサクラソウが見頃を迎えている。今年はほぼ例年並みの開花ペースといい、今週末から来週初めにかけて見頃が続く見通し。庭園は無料で一般に開放しており、来場を呼び掛けている。

 同市の瓦工事会社会長、岩月昭一さん(78)が所有する庭園は広さ20ヘクタール超。かつて桑畑が広がっていた山を自然豊かな庭園に整備した。現在は新緑の木々が美しく、絶え間なく鳥のさえずりが響く。

 サクラソウは県版レッドリストで絶滅の危険が増大している「絶滅危惧2類」の植物。庭園では、足がぬかるむ湿地の日当たりの良い斜面に広がり、薄紫のかれんな花を咲かせている。岩月さんによると、10年ほど前に約20株を植えたところ次第に増え、「今年は昨年よりもまた増えた」とうれしそう。「自由に見てほしい」と話していた。

写真説明:かれんな花を咲かせる「夢想庭園こもれび」のサクラソウ



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 クリンソウ
喬木 クリンソウ
長野 フジ
長野 フジ
佐久 ツツジ
佐久 ツツジ
千曲 ジャーマンアイリス
千曲 ジャーマンアイリス
松本「コンテスト」
松本「コンテスト」
花だより