信州の花(紅葉)だより
300メートル、桜の散策路 茅野の宮川堤防で満開
2019/04/19 11:29
茅野 宮川堤防

 茅野市宮川を流れる宮川左岸の堤防上で、約300メートルにわたって植わるタカトオコヒガンザクラ約40本が満開になった。18日は諏訪の最高気温が21・1度と今年初めて20度を超え、大勢の見物人が散策しながら濃いピンクの花を楽しんでいた。

 堤防を訪れた人たちは、桜の下で弁当を広げたり、写真を撮ったり。同市塚原の女性(67)は「天気が良くて花見日和。ここの桜は色が濃く、花付きも良くて見応えがある」と楽しんでいた。

 近くの小海(こかい)嘉介さん(85)によると、堤防上の桜は約20年前、高遠町(現伊那市)と茅野市安国寺地区をつなぐ国道152号安国寺トンネルが開通した際、同町から贈られた苗木が起源。小海さんが挿し木で増やし、世話をしてきたという。小海さんは「立派に育ち、大勢の人に喜んでもらえるようになって良かった」と話していた。

写真説明:宮川の堤防上で満開になったタカトオコヒガンザクラ



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野 アヤメ
長野 アヤメ
諏訪 フジ
諏訪 フジ
長野 ツツジ
長野 ツツジ
飯島 アヤメ
飯島 アヤメ
須坂 ボタン
須坂 ボタン
花だより