信州の花(紅葉)だより
倒木カンザクラ咲いた 天龍・伊那小沢駅の1本
2019/02/20 11:11
天龍 カンザクラ

 信州で最も早く開花することで知られる天龍村のJR飯田線伊那小沢駅にあるカンザクラのうち、昨年秋の台風で根元から倒れた1本が力強く花を咲かせている。19日は、空から降る雪が雨に変わるとされる二十四節気の「雨水」。枝にはしっかりと花芽が付き、花びらはしっとりと雨にぬれていた。

 同駅は「秘境駅」として知られ、村は例年、カンザクラの「開花宣言」を発表している。しかし、2017年の台風で開花の基準木だったカンザクラを含む5本ほどが倒れた。残った3本のうち19日時点で咲いているのは昨秋に倒れた1本だけ。村は今後、残り2本のうち樹勢のある1本を新たな基準木に定めて開花宣言を発表する予定だ。

 桜に詳しい南信州日本花の会代表の森田和市さん(80)=飯田市龍江=によると、桜の花芽は9月ごろに形成されるため、それ以降に倒木しても花を咲かせることがある。ただ、倒れたままでは地中から水分を吸い上げられず、やがて枯死する可能性が高い。

 再びカンザクラが減る見通しだが、村地域振興課の大平成二さん(29)は「残った木を守っていく方策を考えたい」と話している。

写真説明:昨秋に倒れたカンザクラの枝でほころぶ花=19日、天龍村のJR伊那小沢駅



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

諏訪 ザゼンソウ
諏訪 ザゼンソウ
長野 ロトウザクラ
長野 ロトウザクラ
長野 フクジュソウ
長野 フクジュソウ
花だより