信州の花(紅葉)だより
彼岸の境内、染める赤 松川町の嶺岳寺
2018/09/19 11:16
松川町 ヒガンバナ

 松川町生田の嶺岳(れいがく)寺でヒガンバナが見頃を迎え、秋の訪れを告げている。高台にある境内には約7万本が植わっている。18日も石仏の横で陽光を浴びた花が輝いていた。

 住職の広沢勝則さん(80)が春の彼岸に咲く梅に加え、秋の彼岸もきれいな花で参拝者を迎えたい―と45年ほど前から株分けや草取りをして育ててきた。「今年は珍しく一斉に咲き、見応えがある」とうれしそうに話す広沢さん。彼岸入りの20日にちょうど満開となり、彼岸明けまで楽しめそうという。

 晴れ間が広がった18日は朝から花をめでる人や写真愛好家らが訪れた。好みのアングルを探しながら撮影した飯田市の男性(74)は「赤や白の花、緑の下草、黒の梅の幹。コントラストがとても美しいですね」と話した。

写真説明:見頃を迎えた嶺岳寺境内のヒガンバナ=18日



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

飯山「神戸のイチョウ」
飯山「神戸のイチョウ」
南箕輪 シクラメン
南箕輪 シクラメン
松本 ジュウガツザクラ
松本 ジュウガツザクラ
池田 成就院
池田 成就院
中川 渡場いこいの広場
中川 渡場いこいの広場
花だより