信州の花(紅葉)だより
入笠湿原彩るエゾリンドウ 富士見の「花の山」
2018/08/30 11:03
富士見 リンドウ

 「花の山」として知られる入笠山の入笠湿原(富士見町、標高1734メートル)を、エゾリンドウが彩っている。青空が広がった29日は登山客や家族連れでにぎわい、全体が青紫色に染まった湿原の遊歩道を散策していた。

 湿原を管理する富士見町開発公社によると、例年より10日ほど早く開花し、花の数も多いという。9月中旬までが見頃だ。ワレモコウやアキノキリンソウなども咲き、蜜を求めるチョウやハチが飛び回っている。

 友人と訪れた東京都三鷹市の岡崎エイ子さん(67)は「思っていた以上にエゾリンドウが群生していて感激した。いろいろな花が咲いていて素晴らしい眺め」と話し、写真に収めていた。

写真説明:入笠湿原で見頃を迎えたエゾリンドウ



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

飯山「神戸のイチョウ」
飯山「神戸のイチョウ」
南箕輪 シクラメン
南箕輪 シクラメン
松本 ジュウガツザクラ
松本 ジュウガツザクラ
池田 成就院
池田 成就院
中川 渡場いこいの広場
中川 渡場いこいの広場
花だより