信州の花(紅葉)だより
ラベンダー、町中に癒やしの香り 飯田の住民が丹精
2018/06/06 10:19
飯田 ラベンダー

 飯田市中心市街地の市道中央分離帯で、ラベンダーの花が咲き始めた。同市橋南地区の住民でつくる「橋南まちづくり委員会」が、同市通り町と主税町の約500メートルにわたって植えており、車が行き交う町中に心癒やされる香りを漂わせている。

 同委員会によると、今年の咲き始めは例年よりやや早く、間もなく見頃を迎えそう。18日からは自由に花を摘み取ることもできる。花を摘むことで切り口から新たな芽が伸び、秋に再び美しい花を付けるという。

 ラベンダーの植栽は、ハーブの香りを楽しむ地域づくりの一環で9年前に始まった。同委員会内の環境委員会や、沿道の各自治会が手入れに励み、今春も50株ほどを植え直したという。環境委員長の辻村章さん(69)は「花の色付きが良く、ほっとしている。摘み取りを楽しみにしてくれている人の声が励みになっている」と話した。

写真説明:飯田市中心市街地の市道中央分離帯で咲き始めたラベンダー=5日



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

筑北 ハス
筑北 ハス
長野 ヤナギラン
長野 ヤナギラン
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
安曇野 ヒマワリ
安曇野 ヒマワリ
伊那 ヒマワリ
伊那 ヒマワリ
花だより