信州の花(紅葉)だより
神代桜、スイセンと美の競演 長野の神社に1200年
2018/04/18 11:04
長野 素桜神社

 長野市芋井の素桜(すざくら)神社境内にある国天然記念物のエドヒガンザクラ「神代(じんだい)桜」が見頃を迎えている。17日は曇り空の下、巨木いっぱいに花を咲かせた桜と敷地内に咲く鮮やかなスイセンとの競演が楽しめた。

 市教育委員会文化財課によると神代桜は推定樹齢1200年とされ、根回りは9メートルほど。途中で分かれた幹から大きく枝を張り、一部は木の棒で支えている。今季は例年より2週間ほど早く満開になったという。地元住民でつくる神代桜保存会が下草刈りや、業者に依頼して枯れ枝撤去や消毒などの保護活動に取り組んでいる。

 この日昼すぎに写真を撮りに訪れた近くの会社員山口温子さん(59)は「午後に雨の予報と聞いて散る前に急いで見に来た。楚々(そそ)として、存在感があります」と見上げていた。

写真説明:スイセンと競演する満開の「神代桜」=17日、長野市芋井の素桜神社



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

天龍 カンザクラ
天龍 カンザクラ
南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
松本 梅
松本 梅
花だより