信州の花(紅葉)だより
あんずまつり 松代を発信、10年目の春
2018/04/04 11:40
長野 アンズ

 長野市松代町東条で、アンズの花を楽しむ「東条あんずまつり」が今年、10回目の節目を迎えた。地域を盛り上げようと、主催する実行委員会に加わる人の輪は広がっており、訪れる人も年々増加。生産者の高齢化が課題となっているが、実行委員長のアンズ農家相沢敏正さん(68)は、産地として知名度が高まりつつある―と手応えを話す。

 東条のアンズは、尼厳山(あまかざりやま)南斜面の畑に約5千本が植えられている。まつりは、地元の生産者らでつくる実行委が2009年から開催。見晴らし台を設け、実を加工したジャムの販売などをしてきた。

 相沢さんによると、当初は、畑近くに観光客が入るのを快く思わない生産者もいたという。だが、まつりを通して住民同士が話す機会も増え、「力を合わせるようになった」。次第に理解が広まり、実行委のメンバーは当初の10人ほどから約30人に増えた。

 まつりを訪れる人も2千〜3千人ほど増え、昨年は約7千人に。県外からの人も目立つという。今年は、暖かさで花が3月30日ごろから咲き始め、まつりは予定より6日間早い4月1日から開始した。

 まつりは15日までの午前10時〜午後3時。8、14、15日は地元愛好者の手品やバンドの演奏などもある。14、15日は先着100人にきのこ汁を振る舞う。入場無料。

写真説明:アンズの花が見頃を迎えている「東条あんずまつり」の会場=長野市松代町東条



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

飯山「神戸のイチョウ」
飯山「神戸のイチョウ」
南箕輪 シクラメン
南箕輪 シクラメン
松本 ジュウガツザクラ
松本 ジュウガツザクラ
池田 成就院
池田 成就院
中川 渡場いこいの広場
中川 渡場いこいの広場
花だより