信州の花(紅葉)だより
桜開花予想、記録的早さ 長野・大町9日早く
2018/03/29 11:40

 日本気象協会(東京)は28日、県内の桜の開花予想を発表した。暖かい日が続く影響で、20日の前回発表では4月7日としていた長野を同4日にするなど、各地で数日早めた。平年と比べ長野と大町では9日早く、県内10カ所でそれぞれ5〜9日早い予想だ。

 天竜峡では3月26日、飯田では同27日に開花した。上田では4月1日に咲く予想。同協会長野支店によると、飯田で観測史上最も早かったほか、長野、松本で3番目の早さを見込んでいる。

 昨夏に形成され休眠に入った花芽が、冬の低温にさらされた後に目覚める「休眠打破」が順調に進んでいるという。先週の寒の戻りで足踏みするかと思われたが、今週の暖かさで早まったとみられる。

 4月上旬にかけて気温は平年よりかなり高くなるとみられ、開花はさらに早まる可能性もあるという。見ごろは南部の平地で今週末、北中部では来週末といい、同支店は「今年は開花から満開までが早い。見ごろも短くなるので花見は早めがお勧め」とする。

 千曲のアンズの開花予想は今月29日で、平年より9日早い。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより