信州の花(紅葉)だより
フクジュソウ、顔出す 松本で21日まで「まつり」
2018/03/13 11:23
松本 フクジュソウ

 松本市四賀地区赤怒田(あかぬた)にあり、国内屈指とされるフクジュソウ群生地で10日、「福寿草まつり」が始まった。例年より半月ほど成長が遅れているという。雪の隙間から数多くの黄色のつぼみが顔を出し、家族連れや写真愛好家らがカメラを向けていた。

 市四賀観光協会や四賀地区町会連合会などでつくる実行委員会が主催し、26回目。北向きの斜面約1・5ヘクタールに自生するフクジュソウは約50万株あるという。例年撮影に訪れているという長野市の主婦伊藤千栄さんは「黄色いきれいな花を見ると元気をもらえる」と一帯の散策を楽しんだ。

 実行委によると、寒さの影響もあり、見頃は例年より遅い20日前後になりそう。事務局長の金井保志さん(71)は「斜面一帯が金色のじゅうたんのようになる」と来場を呼び掛けている。

 この日は地元の太鼓グループや金管バンドなどが演奏したほか、豚汁や卵かけご飯の振る舞いもあった。まつりは21日までで、飲食店の出店や土産物の販売がある。

写真説明:黄色い花びらが少しずつ開いたフクジュソウ



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野 キンモクセイ
長野 キンモクセイ
松川町 ヒガンバナ
松川町 ヒガンバナ
佐久 コスモス
佐久 コスモス
松本 キツリフネ
松本 キツリフネ
信濃町 コスモス
信濃町 コスモス
花だより