信州の花(紅葉)だより
足元はもう、春らんまん 諏訪市の諏訪湖畔
2018/03/07 10:14
諏訪 オオイヌノフグリ

 諏訪市湖岸通りのジョギングロード脇でオオイヌノフグリが花を開かせている。周りではミツバチが飛び回るようになった。諏訪湖を覆っていた厚い氷もすっかり解け、本格的な春の訪れも間近だ。

 6日は冬ごもりをしていた虫がはい出すとされる、二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」。枯れ草に覆われた斜面でひときわ目立つオオイヌノフグリの青い花には、小さな虫たちが集まって食事に夢中。ミツバチは花から花へと忙しく移りながら、蜜や花粉を集めていた。近くではスイセンが顔を出し、真っすぐな葉が5センチほどに伸びていた。

 諏訪湖周のランニングを日課にしている諏訪市高島の藤森勝夫さん(64)は「まだ風は冷たいけれど、日差しは暖かくなってきた。寒い冬だったので、いつもより春が待ち遠しいですね」と話していた。

写真説明:暖かな日差しの中、オオイヌノフグリの花の周りを飛ぶミツバチ=諏訪市湖岸通り



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野 キンモクセイ
長野 キンモクセイ
松川町 ヒガンバナ
松川町 ヒガンバナ
佐久 コスモス
佐久 コスモス
松本 キツリフネ
松本 キツリフネ
信濃町 コスモス
信濃町 コスモス
花だより