信州の花(紅葉)だより
ササユリとハッチョウトンボ 泰阜で24・25日観察会
2017/06/21 11:09
泰阜 ササユリ

 泰阜村の村観光施設「あいパークやすおか」で県指定希少野生植物のササユリが咲き始めた。村内に自生するササユリから種を採り、6年ほど前から株を増やしてきた。近くの水辺では国内最小とされるハッチョウトンボも飛んでおり、24、25日には施設のスタッフが案内する観察会を開く。

 20日は、植栽を進めている小高い丘に、ササユリの大輪数本が爽やかな風に揺れていた。管理人の木下之義さん(64)によると、今年の見頃は例年より1週間ほど遅めで、濃淡のあるピンク色のつぼみが膨らみ、これから咲く花も目立つ。種から育てた球根を植栽し、花が付くまでには5年ほど掛かるという。

 施設内のマレットゴルフ場近くの水辺では、約1・5センチのハッチョウトンボが鮮やかな赤い背を見せながら飛んでおり、木下さんは「トンボの生態やササユリの育て方など、スタッフと話しながら親しんでほしい」と話していた。

 24、25日とも、ササユリ観察会は午前9時半〜午後3時、ハッチョウトンボ観察会は午前10時〜正午。ササユリの観察会では、先着20人に球根を贈る。問い合わせはあいパークやすおか(電話0260・26・2001)へ。

写真説明:「あいパークやすおか」で咲き始めたササユリ。管理人の木下さんが優しく見守る



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
千畳敷 コバイケイソウ
千畳敷 コバイケイソウ
花だより