信州の花(紅葉)だより
スイレンと日暈、梅雨晴れの競演 阿南の関昌寺
2017/06/13 11:03
阿南 スイレン

 阿南町富草の関昌(かんしょう)寺参道脇にある「大門の池」で、群生するスイレンが純白の花を咲かせている。梅雨の晴れ間が広がった12日午前は、陽光を浴びた水面の花々が輝いていた。

 小池彭道(ほうどう)住職(79)によると、同寺のスイレンは20年ほど前、近所の民家の池から数株を譲り受けたことが始まり。年々増え、今では池を覆い尽くすように広がっている。今年は6月上旬に咲き始め、今が見頃という。

 夫と写真を撮りに訪れた飯田市羽場権現の市岡美智子さん(74)は「水面に映る姿を狙って来た。楚々(そそ)とした美しさが魅力的」。池の周りで好みのアングルを探しながらシャッターを切っていた。

 同寺の上空には昼前、太陽の周囲に虹色の光の輪ができる「日暈(ひがさ)」が出現。富草小学校時代の同窓生と、還暦の記念に植えたアジサイの花壇で草取りをしていた飯田市鼎下茶屋の佐々木亮助さん(76)は「昔からお天道様にかさがかかると、雨が降ると言われている。明日は雨かな」。作業の手を休め、しばらく仲間たちと空を見上げていた。

写真説明:ムシトリナデシコ(手前)が咲く関昌寺境内の上空に現れた「日暈」[上]。関昌寺の「大門の池」で白く清らかな花を咲かせるスイレン



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
松本 梅
松本 梅
天龍 竜峡小梅
天龍 竜峡小梅
花だより