信州の花(紅葉)だより
山肌染めるオオヤマザクラ 長野・中条の住民植樹
2017/04/26 11:21
長野 中条

 長野市中条住良木の県道長野大町線(通称・オリンピック道路)沿いにある「道の駅中条」の南東側で、山肌が一面、淡いピンク色で彩られている。1995(平成7)年に地滑りが起きた後、土地への愛着を込めて住民らが植えたオオヤマザクラだ。

 桜は、市管理の公園「中条成山緑地」(約5ヘクタール)にある。住良木青木地区の有志でつくる「成山公園を守ろう会」の会長、宮沢徳富(よしとみ)さん(78)によると、一帯にはかつて、桑や麦、大豆などの畑が広がっていた。斜面に立って踏ん張りながら手作業で作物を刈って束ね、土尻川対岸の自宅まで背負って運んだ記憶が残る。

 95年7月、大雨で地滑りが起き、土地の形が変わった。その後の砂防工事で、地中には鋼管が埋め込まれ、畑には使えなくなった。暮らしを支えるため、代々受け継がれてきた大切な土地。「眺めが寂しくないようにしよう」。当時の中条村と相談し、コブシとオオヤマザクラの苗木計500本を植えた。その後、さらに500本を追加した。

 25日、白い花を咲かせていたコブシは既に咲き終わり、桜も散り始めていたが、「土地の遍歴を知っているから思い入れがある。美しい桜を見に来てくれる人が増えればうれしい」。宮沢さんは話した。

写真説明:長野市中条の公園「中条成山緑地」に広がる山桜



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
花だより