信州の花(紅葉)だより
水辺の桜、景観を後世に 千曲の治田公園
2017/04/19 11:36
千曲 治田公園

 千曲市稲荷山の治田公園。二つのため池を囲むように、ソメイヨシノなどの桜203本が並ぶ。18日も、市民や近くの治田小学校の児童が、舞い始めた花びらの下で散策を楽しんでいた。

 「昔は地域の自慢だった」と近くの山崎栄一さん(66)は振り返る。第2次大戦中、一帯の桜はまきにするために切られた。復活させようと1968(昭和43)年、地元の中町区が寄付を集め、約250本を植えた。当時は、寄付をした家の名札をそれぞれの木に付け、成長を心待ちにしたという。

 ただその後、手入れはされていたものの管理が行き届かない部分もあり、枯れや傷みが目立つように。倒木や根腐れで、池が漏水する懸念も出てきていた。

 昨年春、「治田公園桜再生プロジェクト実行委員会」が発足。市内などの造園業者によるNPO法人千曲環境緑化協力会や稲荷山区長会などがメンバーで、中町区長などを務めた山崎さんが実行委員長に就いた。昨年7月と今年3月には、実行委メンバーや市民ら計30人ほどが木の脇に穴を掘り、肥料を入れた。2月には枝も切った。

 住民にとって桜は「当たり前の存在」(山崎さん)。再び桜に目を向け、守る機運を高めようと、昨年から写真コンテストを開催。応募作品を使って今年は初めてチラシを作り、市内全戸に配った。同NPO法人事務局長の堀内太一さん(49)は「後世にきれいな桜を残すには、地域や企業の協力が欠かせない」と力を込めた。

写真説明:桜のトンネルの下を駆ける子どもたち



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
花だより