信州の花(紅葉)だより
上田「神川合戦の地」交流の場に 15日桜まつり初開催
2017/04/13 11:20
上田 神川合戦広場

 戦国末期、真田軍が徳川の大軍を迎え撃った「神川(かんがわ)合戦」(第1次上田合戦)の地として知られる上田市神川地区の有志が15日、地元の「神川合戦広場」一帯で「神川合戦場桜まつり」を初めて開く。地区のシンボルとして取り組んできた河川敷や土手の景観整備に一定のめどがつき、お披露目を兼ねて住民交流の場にしたい―と企画した。

 神川地区の「壮年ソフトボール神川リーグ」を中心とする実行委員会が主催し、地区自治会連合会や地区振興会などが協賛。神川小グラウンドを拠点に活動する同リーグは近くの神川下流域の美化・整備活動を2010年ごろから続けている。昨年、真田信繁(幸村)が主人公のNHK大河ドラマ「真田丸」が放送されたのを機に「神川合戦の地」と横断幕を掲げてPR。河川敷に繁茂するニセアカシアなどを伐採した。

 国道18号北側の神川沿いの土手には約200メートルにわたってソメイヨシノ30本ほどが植わり、現在は三分咲き。同リーグが数年前から植えてきたシバザクラも見頃を迎え、リーグ会長の清住元章さん(67)は「神川地区の象徴の神川沿いで住民同士にぎやかに交流したい」と期待している。

 祭りは午前11時からで、綿あめや焼きそば、飲み物を提供する。信州上田真田陣太鼓保存会の演奏もある。問い合わせは清住さん(電話090・8593・4052)へ。

写真説明:初めて桜まつりを開く神川沿いの桜並木と清住さん



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより