信州の花(紅葉)だより
丹精したミズバショウ見頃 佐久の森角さん管理700株
2017/04/13 11:15
佐久 ミズバショウ

 佐久市岩村田の会社役員森角忠さん(66)が管理する「おもいつき農園」で、ミズバショウ700株余が見頃を迎えている。佐久にもミズバショウが楽しめる場所をつくろうと、勤務先の駐車場で種から育て、同市の岩村田と安原にまたがる約6千平方メートルの農園に移植し10年余。花を包むたくさんの白い苞(ほう)が、春の日差しに輝いている。

 森角さんによると、冬から春先にかけて低温で雪が少ない佐久市では、霜が降りると苞の白が茶に変色することが多い。毎年秋には枯れ草を掛けたり、草むしりで雑草を少し残したり。「子育てみたい。手をかけ過ぎると強さがなくなる」と笑う。

 農園には、カブトムシやオオムラサキなどの虫たちが集まるようにと、サクラやヤナギ、エノキの木も植えた。隣接する農業用水には、夏になるとホタルが舞う。季節ごとに見どころがある農園を目指しており「用水などに注意して、憩いの場所として自由に楽しんでほしい」と、常時農園を開放している。

 農園は鼻顔(はなづら)稲荷神社から南へ約300メートル。問い合わせは森角建材店(電話0267・67・3334)へ。

写真説明:世話をするミズバショウを眺める森角さん



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより