信州の花(紅葉)だより
雪解け水の輝き受けて 飯綱町のセリバオウレン
2017/04/05 10:29
飯綱町 セリバオウレン

 飯綱町平出の杉林で、群生するセリバオウレンが白い花を咲かせている。雪解け水が木漏れ日にきらめき、寒さが和らいだ風にかれんな花が揺れていた。

 所有する農業高野史(ふみひと)さん(76)によると、明治時代に高野さんの祖父が薬草として売ろうと田に植えたのが始まりだが、出荷はしなかったという。休耕田となり、手入れはしていないが、雪解けが始まった3月上旬に地面からにょきにょきと顔を出し、高さ10センチほどある茎の先に約1センチの小さな花を咲かせる。今月中旬まで楽しめそうという。

 山野草愛好家で近くでカフェを営む山口法昭さん(69)は、「雪がなくなるとすぐに真っ白なかわいい花が咲く。まるで雪の妖精のよう」。暖かさが増すにつれ、里山の彩りも増していく。

写真説明:雪解け水の反射に輝くセリバオウレン=飯綱町平出



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

筑北 ハス
筑北 ハス
長野 ヤナギラン
長野 ヤナギラン
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
安曇野 ヒマワリ
安曇野 ヒマワリ
伊那 ヒマワリ
伊那 ヒマワリ
花だより