信州の花(紅葉)だより
大カエデ、鮮やか紅葉絵巻 池田・大峰高原
2016/10/20 10:58
池田 大峰高原

 北安曇郡池田町の大峰(おおみね)高原にある「七色(なないろ)大カエデ」の葉が色づき、紅葉の見頃を迎えている。19日までに全体の6割ほどが染まり、緑や赤、オレンジ、黄色の葉をさまざまな角度から楽しめる。この日も県内外の観光客が次々に訪れ、幹の回りを歩いて見え方の違いを楽しんでいた。

 町観光協会によると、カエデは樹齢250年以上とされ、高さ約13メートル、幹回り約3・25メートル。紅葉は今月上旬に始まり、日当たりの良い東から西へ順に進んでいる。担当者は「このまま朝晩の冷え込みが穏やかな日が続けば、見頃は来週末まで続く」としている。

 ドクガ科のマイマイガが大量発生した3年前、葉が幼虫に食われる被害があった。10年以上前から季節を変えて何度も訪れているという横浜市の飯田務さん(69)は「少しずつ元の姿に戻ってきている。やっぱり七色に色づく紅葉の季節はきれいですね」と満足そうに話していた。

写真説明:見頃を迎えた「七色大カエデ」。緑や赤、黄色の葉が映える=19日正午すぎ、池田町



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
花だより