信州の花(紅葉)だより
新野振興願うラベンダー 阿南の遊休農地を共同運営
2016/07/02 11:21
阿南 ラベンダー

 下伊那郡阿南町新野の「ドリーム新野ラベンダー園」が見頃を迎えている。地元住民と滞在型市民農園を利用していた愛知県民が遊休農地を利用して共同で運営し、香りのいい品種「グロッソ」が摘みごろだ。地元住民は、花を見に来てくれた人に新野の魅力をもっと知ってもらおうと地元に伝わる民話の掘り起こしも進めている。

 ラベンダー園は、新野にある滞在型市民農園「クラインガルテン新野高原」の利用者が、利用期間終了後も新野と交流しようと考えたのがきっかけ。地元の伊東直幸さん(74)が約2千平方メートルの遊休農地を提供して4年前に1600株を植えた。

 元利用者4人、地元住民6、7人が共同で管理。元利用者の愛知県犬山市の丸山滝子さん(64)はラベンダー園の近くに空き家を借り、同市の小学校で臨時教員をする傍ら年の約半分を新野で過ごし手入れをしている。

 3月に伊東さんを会長に、ラベンダー園を軸に地域振興を目指すNPO法人「祭り街道の里ドリーム新野」も結成。伊東さんは三遠南信道やリニア中央新幹線の開通も意識し「通過点ではなく、滞在して楽しめる場所にしたい」と話す。ラベンダー園の来場者に新野を散策してもらおうと民話の発掘にも力を入れる。

 ラベンダー園の横には、地元に伝わる戦国時代に新野を治めた関氏の心優しい妻をまつるため伊東さんが建てた「永正庵」がある。周囲にこのほかの民話も伝える石碑も建てて、散策コースにする計画だ。

 ラベンダー園は、500円で1カップ分の摘み取りができる。

写真説明:梅雨の晴れ間の下で、咲き誇るラベンダー



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより