信州の花(紅葉)だより
薄紫の妖精、カタクリ 立科・津金寺
2016/04/18 10:05
立科 カタクリ

 立科町山部の津金寺(つがねじ)境内にある自然探勝園で、自生するカタクリの花が見頃だ。境内では桜も満開になっており、見物客の目を楽しませている。

 矢崎大祐住職(44)によると、山を手入れしながら保護しているカタクリは2万株以上。3日に咲き始めた。例年より5日ほど早く、「冬に雪が少なかったせいか、花の色は淡い」という。通常は4月末に開花するヤマブキソウが早くも黄色い花を咲かせている。

 カタクリの見頃は22日ごろまで。見頃が続く間、同寺と檀家(だんか)が「カタクリ・野草まつり」を開き、茶屋を設けるなどしている。期間中の入園は、環境整備協力金として300円が必要。

写真説明:こけむした五輪塔に寄り添うように咲くカタクリ



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
千畳敷 コバイケイソウ
千畳敷 コバイケイソウ
花だより