信州の花(紅葉)だより
ピンク色の桃畑、摘花進む 長野の川中島
2016/04/14 11:39
長野 モモ

 県内有数の桃の産地、長野市川中島地区で、桃の花が満開を迎えている。一面ピンク色に染まった桃畑で、13日は農家が実を大きくするために花を摘む摘花作業に汗を流していた。

 約70アールで6品種を育てる吉沢定安さん(72)の畑では、手伝いの女性3人が脚立を使いながら枝にびっしりと咲いた花を手際良く摘み取った。日当たりや実の成長を考え、25〜30センチの間隔で花を残す。

 作業が進むにつれ地面は、摘み取った花やつぼみでピンク色のじゅうたんのようになった。「もったいない気がするけれど、良い桃をつくるためだから」と吉沢さん。今後、実を落とす摘果をさらに重ねて厳選する。

 JAグリーン長野によると、昨年に比べて1週間ほど生育が早い。管内で3428トンを見込む今年の収穫は、7月中旬の早生「たまき」からスタートする。

写真説明:鮮やかな花が咲いた桃畑で摘花作業をする女性たち=長野市川中島町御厨



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

白馬 ミズバショウ
白馬 ミズバショウ
駒ケ根 光前寺
駒ケ根 光前寺
「信州花フェスタ」
「信州花フェスタ」
駒ケ根 ハナモモ
駒ケ根 ハナモモ
上田 独鈷山麓
上田 独鈷山麓
花だより