信州の花(紅葉)だより
シダレザクラ優美に 喬木・氏乗の樹齢110年
2016/04/12 11:40
喬木 氏乗

 喬木村氏乗(うじのり)にある村天然記念物「氏乗のシダレザクラ」が盛りを迎えている。濃いピンクの花を付けて長く垂れ下がった枝が風に揺れ、優美な姿が連日多くの写真愛好家や観光客を楽しませている。

 シダレザクラが植わるのは、喬木第二尋常高等小学校氏乗分教場跡。1909(明治42)年に分教場の入学記念で植えられたと伝えられており、樹齢は推定で110年余。樹高は22メートル、幹回りは3・3メートルと風格があり、桜の下で咲き誇るスイセンと競演している。

 青空が広がった11日、農作業をしていた近くの萩原勝由さん(86)は「子どものころはこの桜の枝にぶら下がって遊んでいた。生まれた時から見てきた。死ぬまで見守っていきたいね」。25年ほど前から毎年、信州に桜を見に来ているという浜松市の滝本弘己さん(63)は「今年も元気に花を咲かせている姿にパワーをもらった。頭の中がリセットでき、日々、自分も頑張ろうという気持ちになる」。

 開花期間中は午後6時〜同9時にライトアップする。

写真説明:スイセンと競演し、山里の春を彩る「氏乗のシダレザクラ」=11日



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
松本 梅
松本 梅
天龍 竜峡小梅
天龍 竜峡小梅
花だより