信州の花(紅葉)だより
雪間にひょっこりザゼンソウ 阿智で19・20日まつり
2016/03/16 11:00
阿智 ザゼンソウ

 阿智村伍和の「原の平座禅草(ざぜんそう)公園」でザゼンソウが姿を見せ始めている。青空が広がった15日は、赤紫色の仏炎苞(ぶつえんほう)が前日に降った白い雪に映え、観光客を楽しませた。

 ザゼンソウは約20アールの湿地に自生し、今年は例年より1週間ほど早い2月下旬ごろから顔を出し始めたという。10年ほど前から毎年訪れているという愛知県岡崎市の鈴木輝美さん(76)は「ザゼンソウは人の顔に見え、一つ一つ表情が異なり見飽きることがない」と話し、散策していた。

 地元住民でつくる「原の平活性化委員会」は19、20日に恒例の「座禅草まつり」を開き、豚汁と甘酒の振る舞いや、地元農産物などの販売をする。同委員会の原基浩会長(61)は「今年は祭りに合わせて見頃になりそう」と来園を呼び掛けている。見頃は今月末ごろまでという。

写真説明:雪が残る「原の平座禅草公園」で姿を現したザゼンソウ



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより