信州の花(紅葉)だより
春を告げるマンサクの花 須坂アートパーク
2016/03/02 10:14
須坂 マンサク

 須坂市野辺の須坂アートパークにある歴史的建物園の庭で、早春を代表するマンサクの花が咲き誇っている。1日午後は、特徴的な縮れた黄色いひも状の花びらが日差しを受けて輝いていた。

 マンサクは「まず咲く」が名前の由来とも言われ、春にほかの樹木に先駆けて花を咲かせる。例年だと、同園では2月中下旬に花が開くが、今年は暖冬傾向で2月上旬に開花した。花はあと1〜2週間楽しめるという。

 同園と、隣接する世界の民俗人形博物館、須坂版画美術館では現在、合わせて約6千体のひな人形が展示されており、連日多くの人が訪れている。両館の清水富子館長(64)は「ひな人形と一緒に、春の雰囲気を楽しんでもらえたらうれしい」。

 母親と人形を見に訪れた長野市丹波島の上原光広さん(34)は「今日は少し寒いけれど、自然の花を見ると春の訪れを感じますね」と話し、フキノトウも顔を出したアートパーク内を散策していた。

写真説明:歴史的建物園の庭で咲き誇るマンサクの花



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
松本 梅
松本 梅
天龍 竜峡小梅
天龍 竜峡小梅
花だより