信州の花(紅葉)だより
落ち葉の下からフクジュソウ 伊那・弘妙寺周辺
2016/01/06 10:19
伊那 フクジュソウ

 伊那市高遠町の弘妙寺(ぐみょうじ)周辺で、落ち葉の下からフクジュソウの花が顔をのぞかせている。例年、日差しを浴びて解けた雪の間に見られることが多いだけに、今年は暖冬ならではの光景だ。田中勲雄住職(73)は5日、「春が来たのかな」と話した。

 標高千数十メートルの同寺一帯も、今年は雪がない。境内や坂道の土手、近くの墓地の落ち葉をかき分けると、自生するフクジュソウがぽつぽつ。例年、2月下旬には至る所で咲き、3月末まで見られるという。

 同寺では約50種類の花が咲くといい、春にはサクラやウメ、モモなどで彩られる。田中住職は「雪が降るとまた見られなくなる。今ぐらいは話題になればいい」と小さな黄色の花に目を細めていた。

写真説明:落ち葉の下から顔を出したフクジュソウ=5日



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

車山高原 マツムシソウ
車山高原 マツムシソウ
長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
花だより