信州の花(紅葉)だより
伊那の弘妙寺、モミジ見頃に プロゴルファーら植樹
2015/10/24 12:30
伊那 弘妙寺

 伊那市高遠町の弘妙寺(ぐみょうじ)で、モミジが見頃を迎えている。プロゴルファーや檀家(だんか)らが植えた約200本や、裏山や近くに自生する木は深い赤に染まっている。霜が降りなければ、10日間から2週間ほどは楽しめそうだ。

 同寺は「気の寺」として知られる。高遠の地名が「高く遠くへ」と読めることから、プロゴルファーがしばしば訪れ、植樹している。田中勲雄住職(72)によると、モミジは、女子プロの諸見里しのぶ選手が10年ほど前に植えたのが始まりだ。

 今年は、例年より色づきが1週間ほど早いという。イチョウの黄葉も控え、田中住職は「普段と違う世界を味わえる」と話していた。

写真説明:弘妙寺の近くで色づいたモミジ=23日



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
花だより