信州の花(紅葉)だより
色づくブナ、陽光浴び輝く 根羽・茶臼山高原
2015/10/20 11:23
根羽 茶臼山高原

 紅葉が見頃を迎えている下伊那郡根羽村の茶臼山高原で幹回りが3メートルを超えるブナの大木が色づき、訪れる人の目を楽しませている。秋晴れの19日は、ブナの葉が陽光を浴びて輝いていた。

 ブナの大木は推定樹齢約300年。近くのカエル館・茶臼山高原両生類研究所の熊谷聖秀所長(65)によると、茶臼山高原一帯はかつてブナの木が多く、一時は炭焼きが盛んな場所だったという。「15年ほど前まで牧場として利用していた場所に残る2本の大木は、幹が太すぎて炭焼きの材料としては適さずに伐採を逃れることができたのかもしれません」と話していた。

 ブナはあと数日が見頃。一帯ではこれからイロハカエデやミズナラなどの紅葉も進み、今月下旬ごろまで楽しめそうという。

写真説明:青空に映える色づきが進むブナの大木



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
花だより