信州の花(紅葉)だより
南ア林道沿い、希少種ひっそり シナノコザクラなど
2015/05/16 11:47
伊那 シナノコザクラ

 伊那市長谷の南アルプス林道が花の時季を迎えている。県のレッドデータブックで絶滅危惧種のシナノコザクラが林道沿いの岩場でハート形の花弁を紫に染め、林内では同じく絶滅危惧種のホテイランがひっそりと咲いている。

 市営南ア林道バス営業所によると、全体的に昨年より咲き始めが早く、標高や今後の天候によるが、あと1週間から10日ほど楽しめそう。林道の谷側にはミヤマザクラが白い花を付け、花弁に紫の筋が入ったコミヤマカタバミの群生も見られる。

 長谷の戸台口―北沢峠間を結ぶ南ア林道バスは、6月14日までは途中の歌宿(標高1680メートル)まで運行。車内では運転手が沿道の花について説明する。問い合わせは同営業所(電話0265・98・2821)へ。

写真説明:岩場で紫の花を咲かせるシナノコザクラ=15日



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
松本 梅
松本 梅
天龍 竜峡小梅
天龍 竜峡小梅
花だより