信州の花(紅葉)だより
春の訪れ一足早く 原の農業実践校、花の直売所1日再開
2015/02/28 11:50
原 直売所再開へ

 諏訪郡原村の八ケ岳中央農業実践大学校で3月1日、冬季休業していた花の直売所が再開する。昨年は豪雪でハウスなどが被害を受けたが、今年の準備は順調。直売所の温室には黄色や紫、白など色鮮やかな花の苗約3千個が並び、一足早く春の訪れを告げている。

 寒さに強いパンジーやビオラを中心に、プリムラやゼラニウムなど計100種類ほどある。花卉(かき)チームの学生5人が昨年11月に種をまき、温室で育ててきた。

 枯れた葉の摘み取りなど手入れをしてきた古山智也さん(22)は「大切に育てた花を手にして喜んでもらえるとうれしい。ここ(原村)の厳しい冬を越した苗は丈夫です」と話していた。

 1ポット80円(税別)から。営業時間は午前9時半〜午後4時半。1日は苗を購入した人先着100名にジャガ芋をプレゼントする。

写真説明:鮮やかなビオラやパンジーが並び、開店を待つ直売所の温室=27日、原村の八ケ岳中央農業実践大学校



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

白馬 ミズバショウ
白馬 ミズバショウ
駒ケ根 光前寺
駒ケ根 光前寺
「信州花フェスタ」
「信州花フェスタ」
駒ケ根 ハナモモ
駒ケ根 ハナモモ
上田 独鈷山麓
上田 独鈷山麓
花だより