信州の花(紅葉)だより
赤ソバ見頃…縄文期の食に思いを 富士見・井戸尻史跡公園
2014/09/20 11:03
富士見 赤ソバ

 富士見町境の井戸尻史跡公園で赤ソバの花が見頃を迎えた。管理する近くの井戸尻考古館によると、鮮やかなピンク色の小粒の花はしばらく楽しめそうだ。

 赤ソバ畑は公園南側にある駐車場近くの約1800平方メートル。八ケ岳山麓を中心に栄えた縄文期の食文化にも思いをはせてもらおうと2012年夏、アヤメ畑から変えた。近くの道路からも密集して咲く花が目に留まり、公園に彩りを添えている。

 19日、甲府市から訪れた原田寿美子さん(70)は「赤いソバの花は珍しい。どこか日本的な感じがする」とカメラを向けた。夫の耕二さん(74)は「ソバは荒れ地でもしっかりと育つ。昔の人にとっては大切な食料だったのでしょうね」と話していた。

写真説明:井戸尻史跡公園でピンク色の花を咲かせた赤ソバ



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
花だより