信州の花(紅葉)だより
秋の高原彩るアケボノソウ 根羽・茶臼山湖周辺
2014/09/11 10:29
根羽 アケボノソウ

 下伊那郡根羽村茶臼山高原の茶臼山湖近くの湿地でアケボノソウの花が咲き始めた=写真。夏に比べて花の数が少なくなってきた高原で、白い花がひときわ目立っている。

 リンドウ科のアケボノソウは花の大きさが1・5センチほど。蜜を出す二つの大きな黄緑色の斑点と黒紫色の小さな斑点が白い花びらにアクセントを与えている。湖周辺には数十株が自生する。

 近くのカエル館・茶臼山高原両生類研究所の所長、熊谷聖秀さん(64)によると、標高約1200メートルの一帯では9月に入ってからは日中でも肌寒さを感じる気温が続いているという。

 熊谷さんは「これからはウメバチソウやツルニンジンなどの花が咲き始める。秋本番を迎えた高原を楽しんでほしい」。アケボノソウの花は9月下旬ごろまで楽しめそうだ。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

車山高原 マツムシソウ
車山高原 マツムシソウ
長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
花だより