信州の花(紅葉)だより
ニッコウキスゲ、夏空に彩り 霧ケ峰で鮮やかに
2014/07/18 11:38
霧ケ峰 ニッコウキスゲ

 諏訪市、茅野市、諏訪郡下諏訪町にまたがる霧ケ峰(標高1600〜1900メートル)で、夏を代表する花ニッコウキスゲが見頃を迎えた。花芽の数は昨年より少ないが、週末の3連休には咲きそろいそうだ。17日は大型バスや自家用車で周辺の駐車場がいっぱいになり、鮮やかな黄色い花を眺める人でにぎわった。

 ビーナスライン(県道諏訪白樺湖小諸線)沿いの富士見台駐車場近くの群生地では5割ほどが開花。遊歩道には人の列ができた。埼玉県から家族5人で訪れた大沢勇さん(64)は、涼しげな風に揺れる花をバックに記念撮影。「草原の緑や青空との対比が素晴らしい」と満足そうだった。

 ニッコウキスゲはニホンジカによる食害が深刻で、侵入防止柵の外にはほとんど見られない。柵がある主な群生地は茅野市の車山中腹、諏訪市の車山肩、下諏訪町の八島ケ原湿原で、いずれも4〜5割が咲いている。県霧ケ峰自然保護センター(諏訪市)は「今後1、2週間がピークになりそう」としている。

写真説明:霧ケ峰の富士見台付近に広がる群生地で咲き始めたニッコウキスゲ=17日



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

天龍 カンザクラ
天龍 カンザクラ
南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
松本 梅
松本 梅
花だより