信州の花(紅葉)だより
桃色鮮やか、大賀ハス開花 富士見・井戸尻史跡公園
2014/07/17 11:24
富士見 ハス

 富士見町境の井戸尻史跡公園の池で、大賀ハスが鮮やかなピンク色の花を咲かせている。まだつぼみが多いが、近くの井戸尻考古館によると、週末には見頃を迎え、今月いっぱいは楽しめそう。町観光協会は19、20日朝、「観蓮会」を開き、ハス茶やコーヒーを振る舞う。

 同館によると、大賀ハスは2千年以上前の地層から出土した種から育った、古代ハスの一種。町の姉妹都市、静岡県西伊豆町から2002年、株を譲り受け、公園東側の約500平方メートルの池で増やしてきた。

 花は、夜が明けると開き、午前10時ごろには閉じてしまう。毎年見に来るという山梨県南アルプス市の自営業志田紀代さん(49)は「きれいなピンクの花を見ると幸せな気持ちになります」。

 観蓮会は午前6時半〜9時。考古館の樋口誠司館長が大賀ハスの特徴を説明する。

写真説明:鮮やかなピンク色の花を咲かせた大賀ハス=15日、井戸尻史跡公園



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
松本 梅
松本 梅
天龍 竜峡小梅
天龍 竜峡小梅
花だより