信州の花(紅葉)だより
南八ケ岳で高山植物見頃 クロユリとキバナノコマノツメ
2014/07/15 11:55
南八ケ岳 クロユリ

 編笠(あみがさ)山(2524メートル)から硫黄岳(2760メートル)にかけての南八ケ岳で高山植物のクロユリとキバナノコマノツメが見頃を迎え、登山者たちの足元を彩っている。

 濃い紫色の花が印象的なクロユリと、馬のひづめに似た黄色い花を咲かせるキバナノコマノツメ。編笠山の山頂直下にある「青年小屋」経営者の竹内敬一さん(59)によると、例年より半月ほど遅い6月中旬から咲き始めた。

 職場の仲間たちと6人で訪れた西川知里さん(28)=静岡県沼津市=は12日、青年小屋から権現岳(2715メートル)に至る登山道でクロユリを見つけた。「ユリといってもとても小さく、山の植物独特。八ケ岳は初めて来たので見るもの全てが感動です」

 見頃はともにあと1週間ほどという。

写真説明:見頃を迎えたクロユリ(左)やキバナノコマノツメ=12日



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
花だより