信州の花(紅葉)だより
ニッコウキスゲ、白樺湖畔に輝く 高原の風に揺れ
2014/07/01 11:08
立科 ニッコウキスゲ

 茅野市と立科町境にある白樺湖畔で、ニッコウキスゲが見頃を迎えた。30日は時折、雲間から日が差し、鮮やかな花が高原の風に揺れていた。

 池の平ホテル&リゾーツ(立科町)内の「ゆるゆるの丘」では、標高約1400メートルの斜面約7500平方メートルに約2千株が植わっている。例年並みの6月中旬に咲き始めた。管理する朝倉康夫さん(43)によると、2月の大雪と春先の低温で生育は遅れ気味だったが、5月の大型連休ごろから例年並みに追いついた。

 4年前から草刈りなど手入れをすると数が増え、花も大きくなった。「日中でも気温は20度まで上がらない。鮮やかな花と高原の雰囲気を楽しんで」と朝倉さん。

 東京都江東区から仲間17人と訪れた宮下正義さん(68)はビデオカメラで撮影しながら「雨が降らないうちに見られて良かった。濃い黄色がきれいですね」と話していた。

 見頃は7月中旬まで。入園料を兼ねたリフト代は中学生以上千円、3歳から小学生までが700円。12日以降はそれぞれ1300円と千円。

写真説明:白樺湖畔で、日差しを受けて鮮やかに咲くニッコウキスゲ=30日



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

飯田「善心光梅」
飯田「善心光梅」
天龍 カンザクラ
天龍 カンザクラ
南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
花だより