信州の花(紅葉)だより
愛らしい彩りクリンソウ 喬木で17日から「まつり」
2014/05/17 11:13
喬木 クリンソウ

 下伊那郡喬木村小川の九十九谷(くじゅうくたに)森林公園で17日、恒例の「くりん草まつり」が始まる。クリンソウ約5万株が植わる園内には、赤や紫色の花が咲き始めている。花を手入れする「くりん草愛好会」によると、見頃は20〜25日ごろで、祭りは6月1日まで開く。

 喬木村は1996年、クリンソウを村花に制定。これを受けて住民有志が園内にクリンソウを植え始めた。2000年には有志がくりん草愛好会を結成し、毎年5月に祭りを開くようになった。現在は、会員約40人が年間を通じて草取りなどをしている。

 今年は早い株は今月上旬に咲き始めたが、まだ全体では三分咲き程度。会長の賜(たもう)洋子さん(69)=喬木村阿島=は「暖かい日が続いているのでこれから一気に咲き始めるはず。森林浴も兼ねて散策してほしい」と話している。

 開園時間は午前9時〜午後4時半。入園料は無料だが、同会への協力金を募っている。問い合わせは村たかぎ農村交流研修センター(電話0265・33・3999)へ。

写真説明:園内を華やかに彩るクリンソウ



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

白馬 ミズバショウ
白馬 ミズバショウ
駒ケ根 光前寺
駒ケ根 光前寺
「信州花フェスタ」
「信州花フェスタ」
駒ケ根 ハナモモ
駒ケ根 ハナモモ
上田 独鈷山麓
上田 独鈷山麓
花だより