信州の花(紅葉)だより
こぼれるボタン、色とりどり 長野・清水寺で見頃
2014/05/16 10:34
長野 ボタン

 ボタンの名所として知られる長野市若穂保科の清水寺(せいすいじ)で、赤や白、ピンクなど色とりどりの大輪の花が咲き誇っている。同寺によると、今年の開花は例年より3、4日遅れたが、ここ数日の暖かさで一気に進み、見頃を迎えた。

 境内や駐車場には約70種類、約600株が植えられている。戦前は約4千株あったが、戦後の食料難から畑に転換したため200株ほどに減少。22年前から地元住民でつくる「復活推進委員会」や檀家(だんか)らが増やしてきた。

 15日には多くの市民らが訪れた。同市稲里町の堤信子さん(79)は「ボタンが好きで自宅の庭でも育てている。10年くらい前から毎年見に来ているけれど、今年も見事ですね」。同市川中島町の男性(70)は「初めて来たけれど、想像していた以上に素晴らしかった」と話し、カメラを手に一帯を散策していた。

 清水寺は18日に「ぼたん鑑賞会」を開く。本堂の御開帳を行い、阿弥陀(あみだ)如来像や薬師如来像などを公開するほか、ボタンの苗木や団子、おやきを販売する。鑑賞会は午前9時から午後5時。

写真説明:ピンクや赤など、色鮮やかなボタンが見頃を迎えた清水寺=15日、長野市若穂保科



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
千畳敷 コバイケイソウ
千畳敷 コバイケイソウ
花だより