信州の花(紅葉)だより
カタクリ2万株見頃 立科・津金寺「まつり」開催中
2014/04/17 11:23
立科 カタクリ

 立科町山部の津金寺境内にある自然探勝園で、カタクリの花が最盛期を迎えた。淡い紫色の花が木漏れ日を浴びて揺れ、訪れた人の心を和ませている。約2万株あり、来週ごろまで見頃という。

 矢崎大祐住職(42)によると、裏山東側斜面に群生地があり13日ごろ開花し、15日ごろに見頃になった。アズマイチゲも満開、ニリンソウやルイヨウボタンの見頃も近い。

 上田市御嶽堂から訪れた小山日出夫さん(71)は15日、2時間ほどカタクリを撮影。「かわいらしい。時間とともに光の当たり方がずれて見え方が変わり、飽きない」と熱中していた。

 自然探勝園は、同寺が檀家(だんか)の協力で昭和40年代から斜面の下草を刈り、カタクリを増やした。今月下旬まで「かたくり・野草まつり」を開いている。午前9時〜午後4時。環境整備協力金(高校生以上300円、小中学生100円)が要る。

写真説明:林床に静かに咲くカタクリ=立科町山部



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

白馬 ミズバショウ
白馬 ミズバショウ
駒ケ根 光前寺
駒ケ根 光前寺
「信州花フェスタ」
「信州花フェスタ」
駒ケ根 ハナモモ
駒ケ根 ハナモモ
上田 独鈷山麓
上田 独鈷山麓
花だより