信州の花(紅葉)だより
暖かな日差し、梅林に春 青木で開花、ミツバチ集う
2014/04/05 11:17
青木 ウメ

 「ホー、ホケキョ」。春の訪れを告げるウグイスの鳴き声が響く青木村当郷の大法寺。裏山にある梅林では暖かな日に花が開き始め、風に乗って漂う甘酸っぱい香りに誘われたように、ミツバチが花から花へと忙しく飛び回っていた。

 地元農家らが所有する約20アールの梅林には遊歩道が整備され、「白加賀」や「豊後」などの品種約150本が植えられている。開花が早く五分咲きほどまで進んだ木もあるが、ほとんどの木はわずかに数輪の花が開くのみ。村商工観光係の小林利行係長(44)によると、見頃は例年より2週間ほど遅い10日ごろを見込み、「梅が遅れたことで、桜と一緒に花が見られるかもしれない」と期待している。

 例年は満開の梅林越しに国宝の「大法寺三重塔」が望めるが、現在は檜皮(ひわだ)ぶき屋根のふき替えなどの工事のため足場で覆われ見られない。工事が終わる予定の9月には、その美しさに思わず見返ることから付いた別名「見返りの塔」の一層美しい姿が見られそうだ。

写真説明:暖かな日差しの中、開き始めた梅の花にミツバチが集う=青木村



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

駒ケ根 ハナモモ
駒ケ根 ハナモモ
上田 独鈷山麓
上田 独鈷山麓
喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
花だより