信州の花(紅葉)だより
長野の桜開花4月13日ごろ 気象協会予想、平年並み
2014/02/06 10:59

 日本気象協会(東京)は5日、今春の桜(ソメイヨシノ)の開花時期はおおむね平年並みになるとの予想を発表した。高知市の3月19日を皮切りに、ゴールデンウイークごろ北海道に達するまで桜前線が北上する。長野県内で唯一発表している長野市城山公園周辺の開花は、平年並みの4月13日ごろの見込みだ。昨年の開花は4月6日。

 日本気象協会長野支店(長野市)はこの先も寒暖の変化が大きく、厳しい寒さの日があると説明。「開花は平年から大幅にずれないと予想している」と説明している。

 このほかの予想では、九州から関東南部で3月下旬、関東北部や北陸で4月上旬、東北で4月上旬から下旬に開花が始まる。見頃は福岡市で3月末から、広島、大阪、名古屋の各市と東京都心で4月の初めごろからとなる見通し。

 また、気象情報会社「ライフビジネスウェザー」(東京)も5日、ほぼ平年並みとの予想を発表した。東北から九州で平年並みか少し遅い程度で、関東から九州の開花のピークは、東京の開花を予想している3月27日ごろとみている。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

白馬 ミズバショウ
白馬 ミズバショウ
駒ケ根 光前寺
駒ケ根 光前寺
「信州花フェスタ」
「信州花フェスタ」
駒ケ根 ハナモモ
駒ケ根 ハナモモ
上田 独鈷山麓
上田 独鈷山麓
花だより