信州の花(紅葉)だより
穏やかな日差し、ほころぶ冬至梅 天龍で1カ月ほど遅れ
2014/01/29 11:12
天龍 冬至梅

 下伊那郡天龍村神原の国道418号沿いに植わる「冬至梅」と呼ばれる早咲きの梅のほころびが進んでいる。穏やかな陽気となった28日は、枝先にぽつぽつと開いた白い花が日差しを浴びて輝き、道行く人の目を楽しませていた。

 「冬至梅」は天竜川を望む日当たりの良い斜面に5本植わる。天龍村を中心に毎年2月に開かれる「天龍梅花駅伝」のコース沿いにある。参加選手を花で応援しようと、同村平岡中井侍(なかいさむらい)の羽田野七郎平さん(84)が25年ほど前に植えて手入れを続けている。

 例年なら12月下旬に見頃となるが、今年は花の進み具合が1カ月ほど遅れている。寒さに少雨も加わり、花の数も少ないという。

 それでも、暖かい天候が続けば、今年の駅伝が開かれる2月16日ごろには見頃を迎えそう。羽田野さんは「開花が遅れた分、いつもよりきれいな花を、選手たちに楽しんでもらえそうです」。

写真説明:暖かな日差しを浴びてほころぶ冬至梅=28日、天龍村神原



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
千畳敷 コバイケイソウ
千畳敷 コバイケイソウ
花だより