信州の花(紅葉)だより
雨に映える紅葉、滝に彩り 佐久穂・古谷渓谷
2013/11/02 10:15
佐久穂 古谷渓谷

 群馬県境に近い佐久穂町の古谷(こや)渓谷にある乙女の滝周辺は、紅葉が見ごろを迎えている。日ごとに寒さが増し、晩秋の気配が深まる中、冷たい雨にぬれたカエデやコナラの葉が滝の周りを静かに彩っていた。

 佐久穂町観光協会によると乙女の滝の標高は約1200メートル。十石峠(標高1350メートル)から下ってきた紅葉はこれからさらに彩りを増す。色づきは例年より1週間ほど遅く、この週末が最盛期。今月中旬まで楽しめそうだという。

 滝は国道299号と並行して流れる抜井川の源流にあり、駐車場から滝までは町が2011年に遊歩道を整備した。また、町民でつくる「佐久穂みどりの会」が06年、自然に親しんでもらおうと木々の名前を記したプレートを幹に取り付けた。

 元会長の畠山修さん(71)は「渓谷のカエデには種類があり、赤やオレンジ、黄色などさまざまな色が美しい」と話している。

 問い合わせは佐久穂町観光協会(電話0267・88・3956)へ。

写真説明:雨でしっとりと色味を増した紅葉が乙女の滝周辺を彩っていた=10月29日、佐久穂町古谷渓谷



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
花だより