信州の花(紅葉)だより
高原には秋の足音… 霧ケ峰でマツムシソウ見ごろ
2013/08/23 10:21
霧ケ峰 マツムシソウ

 諏訪市、茅野市、諏訪郡下諏訪町にまたがる霧ケ峰一帯で、高原に秋の訪れを告げるマツムシソウの花が見頃を迎えている。22日の諏訪市の最高気温は32・9度と暑かったが、高原では秋めいた風に涼しげに揺れる花が、観光客を楽しませていた。

 マツムシソウは、霧ケ峰の車山周辺やビーナスライン沿いなどに点在。標高の高い場所から咲き始め、次第に低い場所へと広がっている。標高約1700メートルの県霧ケ峰自然保護センター隣のマツムシソウ群生地では、紫色の花の周りをハチがせわしなく飛び回っていた。

 写真撮影に訪れた諏訪市豊田の林通弘さん(76)は「淡い色合いが魅力。風が涼しくて、雰囲気はもう秋ですね」と話していた。同センターによると、花の数は「ほぼ昨年並み」。今月いっぱいは楽しめそうだ。

写真説明:霧ケ峰で見頃を迎えているマツムシソウ



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより