信州の花(紅葉)だより
山の春、一面ミズバショウ 長野・奥裾花自然園
2013/05/17 09:45
長野 ミズバショウ

 長野市鬼無里の奥裾花自然園でミズバショウが見頃を迎え、大勢の観光客や写真ファンが足を運んでいる。雪解けが進んだ湿原のあちこちで、花を包む白い「苞(ほう)」が鮮やかな姿を見せており、奥裾花観光センターによると6月上旬ごろまで楽しめる。

 ミズバショウの群生地としては全国的にも規模が大きく、同センターによると計81万株ほどある。16日は観光客らが遊歩道を歩きながら、湿原の眺めを楽しんだり、写真を撮影したりしていた。初めて訪れたという神戸市須磨区の千葉道子さん(77)は「ミズバショウを見られる(範囲の)広さに驚いた。周りのブナの原生林もきれい」。

 同センターによると、今季は遅霜で苞の先端が茶色く変色した株もある。今後はブナなどの芽吹きも始まるため、「ミズバショウ以外も楽しんで」と話している。

写真説明:見頃を迎えた奥裾花自然園のミズバショウ=16日午後、長野市鬼無里



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
千畳敷 コバイケイソウ
千畳敷 コバイケイソウ
花だより