信州の花(紅葉)だより
御衣黄、淡い色合い 伊那・西箕輪の登内記念公園
2013/05/08 10:13
伊那 御衣黄

 伊那市西箕輪の登内記念公園で、約50本の黄桜(御衣黄(ぎょいこう))が花を付けている。緑がかった白、紅がにじんだ薄黄など、淡い色が開花時期や木によって微妙に違い、薄紅の八重桜と引き立て合っている。

 公園は、コンデンサー製造のルビコン(伊那市西箕輪)が2008年に開園。同社の生産拠点がある秋田県旧東由利町(現由利本荘市)の町花、黄桜を植えた。近くの登内時計記念博物館によると、今春は低温傾向のためか、開花が1週間ほど遅い。

 松本市波田の百瀬えり子さん(60)は7日、知人と同博物館前で待ち合わせ、たまたま同公園に立ち寄った。伊那市内の実家にも黄桜があるという。「花の色が実家のとは違う。こんな場所があるとは知らなかった」と携帯電話のカメラを向けていた。

写真説明:淡い色合いの花を咲かせた黄桜=伊那市西箕輪



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

天龍 カンザクラ
天龍 カンザクラ
南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
松本 梅
松本 梅
花だより