信州の花(紅葉)だより
華やかな川べり 大町でシバザクラ見ごろ
2013/05/02 09:37
大町 シバザクラ

 大町市街地を流れる農具川の岸辺でシバザクラが見頃を迎えた。地元住民でつくる「白塩町河川公園愛護会」が手入れを始めて3年目。赤や白、薄紫色が交じり合う花のじゅうたんが、北アルプス後立山連峰を映す田園の景色に彩りを添えている。

 同市白塩町、山田町境にある下花見(しもけみ)橋から上流約200メートルの間で、緩やかに蛇行する農具川左岸の土手と河川敷に約3千株が咲きそろう。透きとおった流れの対岸にはスイセンを植え、土手にはシバザクラで「きらり大町」の花文字も。1日も近くの園児や市民らが訪れていた。

 農具川は市中心街のすぐ近くにありながら両岸の土手が土や砂利の道で市民に人気の散策コースだ。ただ、放っておけばニセアカシアやヤナギが生い茂って荒れるため、住民ら46人が2011年に愛護会をつくった。山砂やチップを混ぜた土作りから植栽、毎月の草取りを続け、ことしも1千株を植えるという。

 「圃場(ほじょう)整備が入るまで、農具川は大きく蛇行するそれはいい川だった。夕暮れ時になると農耕を終えた牛馬を川で洗ったりして」。会長の農業続麻(つづお)房雄さん(70)がかつての川辺の風景を振り返る。

 同様に、大町ならではののどかさを次代に伝えたいと、市民有志らが12年前から土手にアヤメを植える取り組みも続いている。続麻さんは「私たちも無理せずできる範囲で長く続けたい。きれいだと言ってもらえると、うれしいね」と話している。

写真説明:農具川べりで咲き誇るシバザクラ。晴れた日は北アとの競演も美しい



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
松本 梅
松本 梅
天龍 竜峡小梅
天龍 竜峡小梅
花だより