信州の花(紅葉)だより
春の香り届ける花の直売所 原の農業大学校1日営業再開
2013/02/27 09:43
原 直売所再開へ

 諏訪郡原村の八ケ岳中央農業実践大学校は3月1日、冬季に休んでいた花の直売を再開する。直売所となる温室には色とりどりの花の苗や寄せ植えの鉢計約3千個が並び、学生たちが準備や手入れに追われている。

 寒さに強いパンジーやビオラが中心で、計100種類ほどを育てている。紫、赤、白などさまざまな色で、花びらごとに色が異なったり濃淡があったりと彩り豊か。クリスマスローズやプリムラなどの花のほか、ローズマリーやセージといったハーブもある。4月下旬以降はペチュニアやマリーゴールドなどを並べる予定という。

 商品は花卉(かき)・果樹専攻の学生7人が昨秋来、温室で種から栽培してきた。26日午後、作業に励む専修科2年の木下将行さん(20)は「大事に育ててきた花たち。お客さんには大切に手入れしながら楽しんでほしい」と話していた。

 1ポット80円から。営業は午前9時半〜午後4時半で、3月5、12日は休み。

写真説明:ビオラやパンジーが育つ温室で、枯れた花びらの摘み取り作業に精を出す学生たち



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

天龍 カンザクラ
天龍 カンザクラ
南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
松本 梅
松本 梅
花だより