信州の花(紅葉)だより
晩秋の彩り移す水面 軽井沢・塩沢湖
2012/11/08 10:34
軽井沢 塩沢湖

 山から里に下りてきた紅葉が街路樹などを彩り、まるで町全体が赤や黄に染まったような軽井沢町。標高920メートルの塩沢湖周辺では木々の葉がはらはらと舞い落ち、晩秋から初冬へと季節の移ろいが感じられる。

 湖の周辺に整備された約1キロの遊歩道では、モミジやニシキギ、シラカバなどが黄や赤の色を濃くする。訪れた人たちはのんびり散策し、モミジの葉やどんぐりを拾ったり、紅葉を写真に収めたり。

 湖を所有する観光施設「軽井沢タリアセン」によると、紅葉が見頃になったのは昨年並みの10月末ころ。朝夕の冷え込みが急に強まり、昨年より鮮やかな色に染まったという。職員の清水康子さん(52)は「これから気温が下がり北風が強くなると、一気に葉が落ちてしまうことも。刻々と冬が近づいてきています」と話した。

 千葉県銚子市から、友人らと訪れた信太(しだ)啓子さん(70)は「風の冷たさに秋の深まりを感じる」と話し、散策を楽しんでいた。

写真説明:紅葉を水面に映す塩沢湖。時折、北風に吹かれた葉が舞い落ちる



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
花だより