信州の花(紅葉)だより
木々の紅葉、水面に彩り 山ノ内・志賀高原
2012/10/03 10:09
山ノ内 志賀高原

 標高約1400メートルにある山ノ内町志賀高原の「一沼(いちぬま)」周辺で、ウルシやシラカバなどの木々の葉が赤や黄に色づき始め、訪れた観光客を楽しませている。

 秋晴れの下、さいたま市から3泊4日で絵の仲間11人と水彩画を描きに訪れた粕谷桂子さん(73)は「この辺り(志賀高原)では、ここが一番早く紅葉すると聞いて来た。緑、赤、黄と水面に映る彩りが幻想的」。写真を撮りに訪れた奈良県橿原(かしはら)市の黒田政利さん(72)は「思ったよりも色づいていて良かった。まだ緑が残るこの時季ならではの魅力があるね」と、角度を変えて盛んにシャッターを切っていた。

 志賀高原観光協会によると「ことしの紅葉は少し遅れている印象だったが、最近の冷え込みで一気に進んだ」。一帯の紅葉は、10日ごろにかけて徐々に見頃を迎える。問い合わせは同協会(電話0269・34・2404)へ。

写真説明:色づき始めた木々の紅葉が水面を彩る志賀高原の「一沼」=山ノ内町



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

湯の丸 ツツジ
湯の丸 ツツジ
茅野 フラワーショー
茅野 フラワーショー
根羽 ツツジ
根羽 ツツジ
霧ケ峰 ツツジ
霧ケ峰 ツツジ
松本 ツツジ
松本 ツツジ
花だより